亘理町で不動産売却を行う時の媒介契約と不動産屋の仲介について

亘理町で不動産売却をする場合、不動産屋に仲介を依頼します。

この時依頼する方法が3つあります。

・媒介契約の種類

亘理町に限らず、どこの地域の不動産売却にも必ず契約が必要で、その時に3つの選択肢があります。

その3つというのは、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約となっていて、それぞれにメリットとデメリットがあります。

一般媒介契約は、一度に複数の不動産屋に仲介を依頼できますし、契約の期限がないので自由度の高い不動産売却が可能となります。

専属専任媒介契約、専任媒介契約は、一度に一社の不動産屋にしか仲介を依頼できません。

契約には有効期限があって、不動産屋から依頼主に定期的に状況を報告するなど、いくつかルールが決まっています。

・どれがいいか?

素人にはどれがいいか見極めが難しいところですが、不動産屋は仲介手数料が報酬となります。

依頼を受けても契約が完了しないと、仲介手数料は入りませんので、確実に期限内に契約にこぎつけるべく、不動産屋も熱心になるので、3ヶ月以内に確実に売りたいと考えているなら、専属専任媒介契約、専任媒介契約のどちらかがいいでしょう。

今すぐ売りたいわけではなく、希望価格で気長に売りに出すというなら、一般媒介契約が合っています。

・まとめ

不動産売却にもいくつかの条件などがあるので、後悔しない取引をするには、自分に合った方法で、できるだけ希望価格に近い値段で売れるような不動産屋探しがポイントとなります。

亘理町の不動産売却を考えたが売りたい価格より低い時

亘理町で不動産売却をする場合に限らず、これはどこでも起こる事ですが、売主が希望する販売価格でそのまま売れるという事はほとんどありません。

・売却価格が希望より低い時

亘理町で不動産売却をする場合、売主は少しでも高く売りたいと考えますが、買主は少しでも安く買いたいと考えます。

このため不動産業者は、売値の相談をする時、売主の希望価格に少し上乗せして売りに出す事を提案します。

こうすれば値引き交渉に応じる事ができるので、頑なに値引きを拒み印象を悪くするというデメリットを回避できます。

しかしそれ以上に安くして欲しいと言われる事があります。

この場合は、売主の考えもあるので、値引き交渉を見越した金額以上に値引き交渉をするような場合は、契約せずその価格で売れるまで待つという事もできます。

ただしこの場合いつ次の購入希望者が現れるかわからないので、かなり待つ事になる可能性があります。

今すぐ売りたいという場合は、お互い交渉しながら譲れるところで妥協する事もあります。

・住宅ローンが残っている

住宅ローンが残っている場合、不動産の所有者はローン会社となるので、勝手に売却できません。

事前にローン会社に話をして承諾を得た上で、不動産売却の手続きを進めます。

ただしローンの残金と、売却した価格で相殺できない事もあるので、この場合も慎重な見極めが必要です。

・まとめ

不動産売却に関する交渉などは、全て依頼する不動産屋が代行やアドバイスをしてくれます。