亘理町で不動産売却を行う時の媒介契約と不動産屋の仲介について

亘理町で不動産売却をする場合、不動産屋に仲介を依頼します。

この時依頼する方法が3つあります。

・媒介契約の種類

亘理町に限らず、どこの地域の不動産売却にも必ず契約が必要で、その時に3つの選択肢があります。

その3つというのは、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約となっていて、それぞれにメリットとデメリットがあります。

一般媒介契約は、一度に複数の不動産屋に仲介を依頼できますし、契約の期限がないので自由度の高い不動産売却が可能となります。

専属専任媒介契約、専任媒介契約は、一度に一社の不動産屋にしか仲介を依頼できません。

契約には有効期限があって、不動産屋から依頼主に定期的に状況を報告するなど、いくつかルールが決まっています。

・どれがいいか?

素人にはどれがいいか見極めが難しいところですが、不動産屋は仲介手数料が報酬となります。

依頼を受けても契約が完了しないと、仲介手数料は入りませんので、確実に期限内に契約にこぎつけるべく、不動産屋も熱心になるので、3ヶ月以内に確実に売りたいと考えているなら、専属専任媒介契約、専任媒介契約のどちらかがいいでしょう。

今すぐ売りたいわけではなく、希望価格で気長に売りに出すというなら、一般媒介契約が合っています。

・まとめ

不動産売却にもいくつかの条件などがあるので、後悔しない取引をするには、自分に合った方法で、できるだけ希望価格に近い値段で売れるような不動産屋探しがポイントとなります。